頑張って壁面収納を取り入れてみる

自作の壁面収納が一番ステキ! | 頑張って壁面収納を取り入れてみる

頑張って壁面収納を取り入れてみる
Home » 壁面収納を取り入れる » 自作の壁面収納が一番ステキ!

自作の壁面収納が一番ステキ!

壁面収納を取り入れる | 04月21日更新

「自作で壁面の収納ができたら!」。
DIYがお好きな方なら、手づくりしたいと考えるのは当然です。
キッチンの壁などに棚などを取り付けるのは簡単ですが、例えば床から天井までの高さがあり幅は部屋一面を占める大型壁面収納というと、どれだけ手間ヒマがかかるか気が遠くなる感じです。

自作ということはそのパーツすべてを設計し、ホームセンターで裁断してもらわなくてはなりません。
ホゾをあけて棚と棚を組み合わせるなど、細かい部分の造作はある程度経験が必要です。
最近はホームセンターに頼んでカットしてもらうことも可能ですがその精度は粗く、2?や3?の誤差は許容してほしいと言われることも。
それでは大きな壁面収納は安心して作れません。

世の中には、自分流に設計し自分で組み立てたいと願っている人はたくさんいるようで、そうした願いを叶えてくれるのが、「日曜大工応援隊」を標榜しているSTORIO(ストーリオ)という会社です。
この会社の特徴は、依頼主がライフスタイルやスペースに合わせてデザインした家具などのスケッチをもとに、スタッフがアドバイスや強度確認、設計を行った上で、キットを仕上げてくれます。
依頼主は組み立て、塗装を施して完成となります。
通常の組み立て式の通販家具と異なるのは、細かな点まで依頼主の要望が反映され、プロが寸分も狂いのないキットを作り上げてくれることです。

一番の楽しみはあれやこれやと自分なりのスケッチを描き上げる点にあるでしょう。
実際に前述の床から天井までの高さ、部屋一面の横幅に収まる大型壁面本棚を完成させた依頼主の言葉によると、届いた部材を見て、大量の材木パーツと工程のあまりの多さにたじろいだそうです。
でも、いざ組み立ててみると実にスムーズだったとか。
木材の裁断精度の高さがその秘密だったようです。
奥行き260?で板厚30mmのパイン集成材で作られた本棚は、重い本を乗せてもたわむ事はないでしょう。
かかった費用は設計アドバイスも含めて20万円ほど。
リフォーム業者に頼むよりも半額近くに抑えられています。
自分でできないところはプロの手を借りながらも、これなら大満足の壁面収納ができそうですね。